ダイエットサプリの副作用と対応方法の詳細説明

ダイエットサプリの副作用と対応方法

ダイエットサプリメントにも副作用がある

サプリメントは医薬品ではなく食品という扱いですが、副作用がある場合があります。 副作用という言葉は、望んでいた効果以外の効果が出てしまうことだそうです。

求めている効果以外の効果は、それがよい効果でも悪い効果でも副作用と呼びます。 しかし、ここでは一般的な使われ方にそって、体にでる悪い効果について考えます。

サプリメント、特にダイエットサプリメントによって重篤な副作用が出たという報告はそれほど多くないようです。 しかし、少数であっても確実に存在しているのも事実。

きちんとした商品を選んで、体に悪い影響が出ないように気をつけましょう。


商品選びも大切

サプリメントには、これでもかと体に良さそうな成分が配合されていることがあります。 それがダイエットと関係ない成分であったり、過剰配合であったりは珍しくありません。

その成分によって体に何か望んでいたものとは違う効果が表れたとしても、それを副作用と呼んでよいものでしょうか。 自分がどんな効果を望んでいるか。

それに対応する成分はどんなものなのか。 これはダイエットに限らずサプリメントを選ぶ際には、必ず分かっていなければならない大切な事だと思います。

なんとなく評判が良いからと選んでしまうのはNGです。

副作用の事例

さて、ここまで散々脅かしてきましたが、サプリメントによる副作用にはどんなものがあるのでしょうか。 私が調べた範囲で、少しご紹介します。 たとえば、軽い症状のものでは、頭痛や倦怠感などがあります。

燃焼系のサプリメントを飲んだ時は急に血行が良くなって、すこし頭が痛くなってしまうことも珍しくないようです。 またカロリーカット系のサプリメントを飲むと、吸収されるカロリーが少なくなってめまいを感じることがあります。

ようは、お腹がへってくらくらしてしまうと言うことですね。 重篤なものになると、内臓に負担がかかるという報告もあります。



次の記事を読む ≫ 授乳中にダイエットサプリは大丈夫?

ホーム RSS購読 サイトマップ
Top 基本情報 購入方法 種類 口コミ評価